犬が咳やクシャミをする。これって風邪?

   2016/08/03

犬も風邪をひきます。
風邪という病名は無いのですが、免疫力が弱い子犬や老犬は、特に風邪をひきやすく、よく犬がかかる風邪の症状ですとケンネルコフという病名になります。
ペットショップやブリーダーから引き取ってきたばかりの子犬がたまにケンネルコフ(伝染性気管支炎)にかかっていることがあります。
大抵は完治してから引き渡すのですが、そうでない場合もあるようです。

人間の風邪の原因となるウイルスと、犬の風邪の原因となるウイルスは種類が違いますので、人間から犬へ、犬から人間へと風邪が移ることはありません。
ですが犬から犬へは移りますので、多頭飼いや他の犬との接触には注意が必要です。

年に一度の混合ワクチンを摂取していれば、ケンネルコフは防げます。

うちの犬が咳/クシャミをしている

犬の健康状態は、鼻の乾き、体温の上昇、呼吸の乱れ、便の状態等に現れます。
様子がおかしいと思ったら近くの獣医に連れていくのが良いです。

犬の咳は基本的には喉・気管・肺等の呼吸器の異常を示す症状のひとつですが、呼吸器以外の異常を表す事もありますので注意が必要です。
何日も咳やクシャミが収まらない時は迷わず獣医さんに見せてくださいね。

犬の健康管理

犬の健康管理は、飼い主さんの大仕事です。犬は気温の変化や湿度に体調が影響されます。
人間も同じですが、空気が乾燥していたり、逆に高温多湿でも体調は左右されます。
夏場は、窓を開けるか、30度近き気温の日はエアコンで凄しやすい環境を作る必要があります。
私の家は風の通りが悪いので27度を超える夜は28度設定でエアコンつけっぱなしです。(つけっぱなしのほうが電気代がかからないといいますし)

冬場は、寒さにはそれほど弱くありませんが、くるまることが出来る毛布等はあると良いです。
そして空気の乾燥には注意が必要です。加湿器があると良いですね。
また、犬の飲水も常に清潔な容器で沢山の水を用意してあげてください。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

© wonbuddy, All rights reserved