保護犬からハリウッドスターに上り詰めた名優ヒギンス「ベンジー」が救った数百万の犬の命

 

16082302
映画ベンジーをご存知だろうか。
映画ベンジーは数多くの映画シリーズやドラマが公開されているので、見た人の世代によっては、ベンジー二代目だったり三代目だったりするかもしれませんが、
初代ベンジーは、ヒギンズという名前のミックス犬です。

ヒギンスは、アメリカのテレビシリーズ「ペチコート・ジャンクション」で、合計163話に出演を果たし、優れた動物俳優に贈られる「パッツィ賞」を受賞しました。
一度は俳優を引退したヒギンズでしたが、数年後に映画ベンジーの企画を持ち込まれ、1974年スクリーンデビューをします。
この映画ベンジーは世界的大ヒットを収め、この年の大ヒット映画「ジョーズ」「タワーリング・インフェルノ」に次ぐ興行収入をあげました。
この主題歌は、今でも口ずさめるくらい私も聞きました。きっと覚えている方たくさんいると思います。

さて、世界的スタートなったヒギンズ、この時すでに13歳。もうおじいちゃん犬です。
でも愛くるしい表情と、若々しい動きで世界中のアイドルになりました。もうテレビや雑誌などに引っ張りだこです。

子供の頃に見たワイドショーで、海外のパーティーでヒギンズ(この頃私は、ベンジーはベンジーという名前だと思っていましたが)がインタビュアーに「ワン!」と言った(吠えた)んです。
その時、会場にいた大人達が感動で泣いていたのを思い出します。ビートルズが首を振ると女子が失神するくらいの感じだったのかと思います(笑)

ヒギンズの映画出演は、1本のみ。その後は娘のベイジーンが役を引き継ぎ二代目ベンジーとして映画に出ましたが、興行的には振るわなかったようです。
ヒギンズはベンジーの成功で俳優として数多くの賞を受賞し、動物俳優殿堂入りも果たしています。

ヒギンズが残したもの

16082303
ヒギンスは、実は保護犬でした。
カリフォルニア州のアニマルシェルターにいた子犬の頃、ハリウッドの売れっ子動物トレーナーであるフランク・インに引き取られたのです。

ヒギンスは物覚えがよく、週一のペースで、はしごのぼり、郵便受けを開ける、あくび、くしゃみなど新しい芸を覚えました。一度覚えたら数年間は忘れなかったそうです。
インは、生涯を通して動物保護に貢献した人物でもありました。

ヒギンズは17歳(18歳になる少し前)で老衰で他界します。
ヒギンズを最も愛していたインは、悲しみから立ち直れなかったそうです。そして27年後にインも他界します。
インの遺志により、ヒギンスの遺灰は、彼の棺に入れられたそうです。

インは、動物保護に貢献したわけですが、映画ベンジーの世界的ヒットにより、アメリカ全土で数百万匹の犬が収容所から引き取られて行ったそうです。

今でもアメリカでは、新しい犬を飼うのに収容所を見に行き、里親になるといった事は一般的だそうです。
私の妹もカルフォルニア州に住んでいますが、愛犬が死ぬ度に収容所に行っています(仔犬から飼うのではないので、すぐ寿命が来るそうです)。

もしかすると殺処分になっていたかもしれないヒギンズが、一躍世界的スター犬になり、世界中の人々に笑顔と感動を与え、そして多くの犬の命を救ったのです。

ハリウッドのお墓では今でもインに寄り添ってヒギンズが誇らしげに眠っていることでしょう。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

© wonbuddy, All rights reserved