白内障は早めのケアが肝心…疑わしい症状が見つかった際の対処法

 

我が家にいる老犬も大分 瞳が白く濁ってきています。
あんなに真っ黒だったクリクリの瞳も寄る年波には勝てないものです。
見えてはいるものの 視力は衰え、ソファに飛び乗る時など、たまに失敗しています。

さて、悪化すると視力を失ってしまう可能性を持つ白内障は、犬にとっても重病の一つであり、日頃からケアを行って健康を守ってあげるのも飼い主の努めなのかもしれません。
疑わしい症状が見つかった場合にはどうやって対処すべきなのかという疑問と、白内障の原因や症状を紹介していきましょう。

白内障は早めのケアが肝心…疑わしい症状が見つかった際の対処法

視覚を失うリスクのある白内障は重大な病気

白内障は、目の機能の中でも中核を担っている水晶体という部分が白く濁ってしまう病気であり、最悪の場合には失明に至ってしまう重大な眼病です。
メガネのレンズをイメージすると想像しやすくなりますが、白内障はメガネのレンズが湯煙で白くなってしまっている状況と似ており、進行するほど視界が失われてしまいます。

白内障には、遺伝的な要素によって発生する原発性白内障と、加齢や外傷、糖尿病の罹患等が原因で発症する後天性白内障の二種類があります。
これらはあくまでも原因の一つとして考えるべきであり、特に原発性白内障の場合には、発症する原因や理由について現段階では完全に解明されていません。

原因の一つが加齢である以上、同じ犬の中でも老犬ほど白内障の発生リスクが高まることは当然とも言えるでしょう。
白内障を発症しやすい犬種としては、柴犬やプードル、マルチーズ、シーズー、アメリカン・コッカースパニエル、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどを挙げられます。

白内障を疑うべき症状

白内障かそうでないかを見分けるための方法はシンプルで、瞳が白く濁っているような状態になった場合には、白内障を強く疑わなければなりません。
一度白くなってしまった瞳は、そのまま放置していても元の状態に戻ることは決してありませんから、症状を確認したらすぐに病院で治療を受けましょう。
白内障の症状は少しずつ進行していきますから、いきなり黒目全体が白くなるということはありません

瞳の色が変わる前の段階で白内障の発症に気付くことは極めて困難ですが、稀に犬の行動から異常や前兆をキャッチすることができます。
例えば、視力の低下によって転びやすくなったり、壁に頭をぶつけることが多くなったりすることがあり、突然これらの症状が出現した場合には警戒を強めるべきでしょう。
また、周囲の状況を正しく認識することが難しくなるため、これから起こる状況を予測することができず、物音や飼い主の声に驚いたような反応を示すこともあります。

特に白内障を疑うべき予兆的な症状が出ることが多いのは、暗い場所や狭い場所を動いているタイミングです。
明るい場所と比較して、より周囲を見通すことが困難になる暗い場所や狭い場所では、段差に躓いたり、転んだり、壁にぶつかったりする確率が上がります。
夜間の散歩中に様子がおかしいことに気付き、病院で検査を受けたところ白内障と診断されたというケースも多く見受けられています。

白内障の予防法と治療法


白内障は発症するメカニズムが明確に分かっていないこともあり、予防することが困難な病気であると言えます。
しかし、抗酸化栄養素を持つ食材やサプリメントを摂取することで目の劣化を予防することができますから、健康なうちからこれらの栄養素を取り入れることを意識しましょう。
具体的にはビタミンやミネラル、フィトケミカル、コエンザイムQ10といった栄養素は瞳の健康に一定の好影響を与えるため、重視して与えるべきと言えます。

AMAZON:犬用コエンザイムQ10
帝塚山ハウンドカム犬用 生馬肉 冷凍 老犬用馬肉

白内障の症状が軽度なうちに治療を始められるという場合には、点眼薬を使った治療を行うことが普通で、これによって症状の進行を遅らせることができます。
しかし点眼薬はあくまでも白内障の進行を止めるために用いるものであり、根本的な治療方法にはならず、完治させることができないという点は承知しておく必要があります

根本的な治療を行って白内障の完治を目指す場合には、外科手術を行って濁ってしまった水晶体を交換する治療を行います。
もともと持って生まれた水晶体を補修することはできませんから、手術によって濁った水晶体を取り除き、代わりに人工的なレンズを挿入することで完治を目指します。
手術そのものは比較的短時間で終わることが多く、成功すると元通りに近い視力を取り戻せるほか、瞳の色も濁りのない色へと戻すことが可能です。
犬の白内障は、人間に対する治療以上に難易度が高いと言われていますから、治療実績に優れた信頼できる病院で手術を受けましょう。

犬の場合、もともと視力以外の間隔に頼って日常生活を送っていますから、白内障を発症したとしても即座に日常生活が困難になるほどの問題が起こることはありません。
しかし失明に近い状態にまで症状が進行してしまった場合には話が別ですから、少しでも症状が少ないうちに治療を開始し、犬の健康を守れるように努めていきましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。