犬の散歩は右側通行?左側通行? 大切なのは犬の安全。

 

犬の散歩、みなさんは右側通行・左側通行どちらにされていますか?

これに関しては、様々な議論があります。
右側には右側の言い分が、左側には左側の言い分があります。

また、道交法にて右側通行云々と書かれていることから、右側通行が当たり前と思っている人もいるようですが、それには色々と条件があり、
歩道と車道が区別ができない場合においての事です。

とは言っても、犬の散歩をする人は大抵、住宅街の中を歩く訳で、歩道と車道が区別出来ない道を歩く事も多いはず。
そうすると右側を通行するのが正しいのでしょうか。

対面交通の原則(第10条第1項)
歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯(次項及び次条において「歩道等」という。)と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。ただし、道路の右側端を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、道路の左側端に寄つて通行することができる。
出典:wiki

日本の道路交通法では歩行者は右側通行?

16090203
道交法からすると、歩道の無い道では、右側通行が原則だそうです。

実は太平洋戦争が終わるまでの日本は左側通行でした。
戦争に負けてGHQの要請により欧米と同じく右側通行になりました。

私は小学生の時、先生に左側通行と教えられたのですが(もちろん戦後)、戦前生まれの先生にしてみれば、左側通行を貫き通したかったのかもしれませんね(笑)
今なら問題になりそうですが、昭和は、こういうところが自由でした。

私が左側通行をする理由

01
こうしたことから、私は左側通行が身についているばかりか、道交法で右側通行云々と定められているのをずっと知りませんでした。
私が左側を歩いていると、正面から歩いてくる人に「なんで右側歩くんだろう」と思っていたくらいです。

無知と言えばそれまでですが、それくらい日本での右側通行の定めは曖昧なんだろうと思います。

愛犬が飼い主の左側を歩きたい理由

16090201
犬の散歩をする時のしつけとして、殆どの教本や飼育員は左側にツケをさせるようにと書いてあると思います。
これはドッグショー等の競技で飼い主(ハンドラー)が犬を左側に歩かせる事から来ているのかと思います(諸説あり)。

犬が飼い主の左側を歩かなくてはならないという決まりはありません。
ですが散歩の時に車道側を歩かせるべきではありませんね。

つまり人間が左側通行で歩くのならば、犬は左側に。右側通行をするのならば犬は右側にして危険から守ってあげるのが正解と思います。

■犬も左側を歩きたい

  • 祖先の狼の影響で自分より強いものが右側を歩く習性がある。
  • 犬は右利きが多い為、人の右側を歩くと右の方へ寄って行ってしまう為。
  • 左側が壁面ならば、そこには犬にとって社会性を学ぶ臭いがある為。
  • 外敵から心臓を守る為に左側を歩きたい

かもしれない散歩の勧め

16090205
犬の散歩中に道路の右側を歩こうが、左側を歩こうが、大切なのは危険予測です。
運転免許の教習で「かもしれない運転」というのを学ぶと思いますが、犬の散歩もまさにそれが大事です。
この先の交差点から車が左折してくるかもしれない。前方の駐車場から車や自転車が飛び出してくるかもしれない。
飼い主の仕事は、安心安全に犬を散歩させる事です。

車や自転車は人を避けてくれますが、犬は小さいので避けられない場合が多いのです。
犬の死亡の原因の2位はこうした事故が原因となっています。

私は散歩中に正面から人が来れば自分から避け、車や自転車が来れば止まって、駐車場等があればそこに退避します。
あらゆる危険を予測して愛犬を守り、「まさか」の事態が起こらないようにしましょう。

結局、犬の散歩は飼い主の了見の範囲で、右側通行でも左側通行でもお好みでという感じじゃないかなと思います。

もちろん道徳の範囲で、大勢が右側通行をしている道路(そもそもそんな所で散歩はさせませんが)ならば飼い主もそれに習う必要がありますが、
人間色々、犬も色々。目くじら立てて右側を歩きなさい!と言うような事でも無いと思います。

大事なのは愛犬の安全。これは子供を連れたり、彼女と歩いている時だって同じです。
守るべき者が守られるべき者を守る。当たり前ですよね。

でも、正面から歩行者や自転車等が来たら、安全の為に道を譲る、もしくわ安全な場所に一旦退避する事が大切だと思います。
我が物顔で、譲ること無く歩いていると、どちらも譲る気がなければそれは大事故に繋がりかねません。

犬が嫌いな人も大勢いますので、他の人がいれば道を譲るのは当たり前かと思います。

我々のプライドなんてどうでも良くて、愛犬の安全が第一だということを忘れないようにしたいですね。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

© wonbuddy, All rights reserved