愛煙家で愛犬家なら、副流煙を吸わせない喫煙具 iQOS がオススメ

 

昔と違い、最近では分煙化などが進み、愛煙家も身の置き所が無い時代になってきました。
それでも自宅では喫煙している方も、まだまだ多いと思います。

煙草を吸うと、煙草の先から煙が出る訳ですが、その煙に含まれる有害な物質(副流煙)を、第三者が吸い込んでしまうのを受動喫煙といいます。
副流煙を吸い込むのは煙草を吸う事で摂取する主流煙よりも体に害があるとも言われています。
数値で言うとニコチンは3倍、アンモニア50倍、一酸化炭素5倍、発ガン物質は物質により2~130倍の有害物質が含まれていると言われています。

副流煙が犬(ペット)に与える影響

私も昔は部屋で普通に煙草を吸っていました。
煙草から出る副流煙。犬にとってはどうなのでしょうか。

犬にも甚大な健康被害を与えかねない副流煙

犬も副流煙により、肺がんのリスクが高まります。
飼い主が愛煙家の場合、犬の発がん率は1.6倍にもなるそうです。

犬は気管の弱い子が多く、副流煙を吸い込む事で、咳・くしゃみなどの軽症から、喘息、気管支炎になる可能性の他、皮膚炎やニコチン中毒になる可能性があります。

知らない間に犬はニコチンを舐めている

煙草を吸うと、ニコチンが煙と一緒に放出され、部屋の壁や家具・カーペット、犬の体にも、至るところに付着します。
犬は舐めるという行動を取る事で、知らず知らずのうちにニコチンを摂取していることになるのです。

愛煙家と愛犬の為の喫煙具iQOS

16092602
フィリップモリスジャパンが販売し、発売から大分経ついまでも入手困難となっているiQOS(アイコス)。

iQOSは、専用の喫煙具に専用煙草を差し込んで吸うのですが、従来の煙草のように燃やして煙を出すのでは無いので、副流煙が出ません
煙草に熱を与え、吸い込むとニコチンを吸引し、水蒸気が口から煙として出ます。

また、タールが含まれておりませんので、部屋が黄色くなったり、体に煙草の臭いがついたりといった事もありません。

iQOSはこの臭いが出ない、タールが出ない事が最大のメリット最大であり特徴です。

喫煙する人間にとっては無害ではありませんが、従来の煙草から有害物質を極力無くした新時代の喫煙具なのです。

気になる吸った感ですが、従来の煙草以上にニコチンを吸った気になります。
味は、燃やした煙草と違い、マイルドな感じで、慣れるともう普通の煙草には戻れなくなります。

私は、キッチンで喫煙をしています。
換気扇の下で吸っていても、今までは体に煙草の嫌な臭いが残ったり、喉が痛くなったりとありましたが、iQOSを使うようになってから、臭いがつかなくなり、喉の調子も良いように思えます。

iQOSに変えた後で一度、従来の煙草を吸ってみましたが、とても煙くて臭くて喉が痛く、どれだけ煙草が有害なものであるかが身に染みてわかります。

犬を飼っている愛煙家ならば、iQOSに変える事をお勧めしますよ。

iQOSはコンビニ等で買う事が出来ます。
公式サイトからアカウントを作るとコンビニで購入する際に3000円割引等の特典があります。
iQOS公式サイト

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

© wonbuddy, All rights reserved