我が家の愛犬が鼻血を出したら!? 気付きにくい犬の鼻血と注意点

 

犬は基本、我々人間と同じような鼻血を出すことがありません。
そんな愛犬に鼻血が出たら!?

この記事では、一番見過ごしてはいけない犬の鼻血に関しての注意点を紹介します。

我が家の愛犬が鼻血!? 気付きにくいお犬の鼻血と注意点

犬の鼻血は気づきにくい

犬は、いつも鼻をペロペロ舐めてしまうので、飼い主が鼻血を出しているのに気がつかない事があります
鼻血の出方も色々で、じわっと滲む感じだったり、出てもすぐに止まったり、出続けたり。
そんな鼻血を犬はすぐに舐めてしまいます。
ヒートの時も自分で血を舐めてしまうのと同じで、血は味がするので元来肉食な犬の性質で好きな臭いなのだと思います。

犬の鼻が赤く滲んでいたり、ワンちゃんの寝床(ベッド)や、いつもくつろぐ場所に血が付いていたら注意してみてください。

犬の鼻血の原因は何?

もし愛犬に鼻血が出て、ネットで検索して、この記事に辿り着いたのならば、すぐに動物病院(獣医さん)へ連れていくことをお勧めします
それ程に、犬の鼻血は緊急性の高い症状なのです。

原因としては外傷によるものか、そうでなければ重篤な病気(腫瘍等)が疑われます。
獣医さんに相談し、CT検査が必要になる場合もあり、その動物病院に設備がない場合はCT検査のできる動物病院を紹介されます。

犬は我々人間のように鼻血が出る生き物ではありません
例えばどこかに鼻を強打したり噛まれたりしない限りは残念ながら病気を疑う必要があります。
愛犬が鼻血を出すという事は、危険なサインなのです。

病気の種類は一概には言えません。鼻腔内腫瘍であったり喉や肺の病気であったり、もしかすると鼻炎(極稀なケース)や鼻に異物が入った事が原因ということもあります。

様子を見るという事はしないようにしてください
動物病院でも様子を見ましょうと言う獣医さんがいるかもしれません。
でも犬の鼻血に関しては様子を見るのではなく、きちんと検査をするのをお勧めします。
それ程に犬の鼻血は怖いものなのです。

愛犬が鼻血を出したら

前述した通り、すぐに獣医さんに見てもらう事が大切ですが、鼻血をスマホで撮影したり、左右どちらの鼻から血が出ているかなど観察も診察の役に立つかもしれません。
人間のようにティッシュを鼻に詰めるとか覆いかぶせることはしないように気をつけてください(窒息の原因となることも)

外傷による鼻血だったとしても、様子を見ずに、すぐに動物病院へ行きましょう。
幸い病気でなかったとしても、鼻血が原因で犬の嗅覚に影響を及ぼす事があるからです。
犬は視力や聴力は年齢と共に衰えていきますが、嗅覚の衰えは大病を引き起こしたり食欲を失う原因ともなりかねません

まとめ

そもそも犬の鼻血が危険なことなんて普通は分からないのですよね。
若い犬が病気になり、鼻血を出すこともありますが、高齢となった犬が病になり、そのサインとして出ることが多いようです。
特に犬の鼻は健康のバロメーター(湿り気等)ですから、他の部分も合わせて日頃から注意して観察していましょう。
そして異変に気がついたら、慌てずに(愛犬の為に)すぐに病院へ。
早期発見ならば治療が可能かもしれません。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。