犬にも癌ってある?老犬にも襲い掛かるガン…こんな症状には要注意

 

人間が患う疾患の中で特に重大な問題へと発展しやすく、死亡の原因においても常にトップクラスに位置し続ける厄介な病気がガンです。
老犬にとってもガンは縁遠い問題ではなく、早期発見が極めて重要になりますが、ガンを見分けるための症状にはどのようなものがあり、どんな予防法と治療法を選ぶべきなのでしょうか。

犬にも癌ってある?老犬にも襲い掛かるガン…こんな症状には要注意

犬がかかるガンの種類

ガンは犬種を問わずに発症することのある病気ですが、ストレスを感じにくい性格が影響しているためか、柴犬の場合のみ発症率が低いことが分かっています。
ただし、だからと言ってガンにならないということではありませんから、柴犬を飼っているからと言って安心せずに日常から予防やケアは必要です。

犬のガンも全身に発症する可能性があり、呼吸器や肝臓を筆頭に消化器、膀胱、皮膚、口腔内など様々な箇所でガンを発症しています。
原因として考えられるものもほぼ人間と同様で、遺伝的要因から科学的要因、そして放射線を浴びたことなどが原因となる物理的原因もガンの元になります。
珍しいケースとしては、ガン細胞を作り出すウイルスの感染によってガンを発症することもあり、どの部位にガンができてしまうかは運次第としか言いようがありません。

ガンを疑うべき症状


犬のガンを初期段階のうちに人間が発見することは難しく、ある程度の症状が現れてからガンであることを疑い、病院に駆け込むというケースが大半です。
ガンが進行すると強い痛みを伴いますが、犬は習性に苦痛を隠す傾向にあるため、慌てて検査を受けた結果、既に手の施しようがなくなっているということも残念ながら珍しくありません。
ガンのサインと思われる症状を感知した際には、少しでも早く検査を受けて治療に取り掛かることが大切です。

比較的早い段階で現れることが多い症状としては、食欲の低下や運動する時間の減少といった問題を挙げられます。
特に胃腸や心肺機能などにガンができてしまったという場合にはこういった症状が顕著で、嘔吐を繰り返すという場合にも警戒が必要です。
問題なく食事をしていても、原因不明の体重減少が続くこともあり、この場合にもガンを疑って検査を進めるべきでしょう。

大腸などにガンができてしまったというケースでは、血便や血尿といった症状が現れることが多いので、排泄の状態を常に確認しておくこともおすすめします。
呼吸が乱れることが多くなったり、体に触られると嫌がることが多くなったりする場合にも、ガンの症状を疑わなければなりません。
また、性格的な面では、痛みなどの苦痛が原因で以前よりも攻撃的になるという場合も見られますから、体調だけではなく性格の変化についても着目しましょう。

そしてガンによる特徴的な症状としては、体に現れるしこりを挙げることができます。
もしも犬が自ら頻繁に触ったり、舐めたりしている部分があるならば、その箇所に違和感を覚えている可能性が高いため、触ってしこりの有無を確認してみましょう。
触った感覚が明らかにほかの場所と異なるという場合には、すぐに動物病院で検査を受け、詳しい診断を受けてください。

ガンの予防法と治療法


ガンを未然に防ぐためには食生活の見直しが最も重要で、予防効果に期待できる食材を用いて日常的に与えることが大切です。
特にドッグフードには、発がん性が指摘されている化学物質を配合した商品が販売されていることも事実です。
多少コストが高くなってしまうとしても、ガンを発症するリスクを低下させるためには、子品質で安心して与えられるドッグフードを購入することもポイントになります。

睡眠や運動などの生活習慣の改善もガン予防には効果的ですから、健康的で健全な生活を意識するよう心掛けてください。
室内では犬が安心して寝られる環境を整えるなどの工夫も重要で、睡眠不足を招かぬように飼い主が上手にコントロールする必要があります。
ガンの原因の一つとしてストレスの存在がありますが、散歩や運動によってストレスを解消できますから、こういった行動もガン予防には極めて効果的と言えます。

検査を受けた結果、残念ながらガンであることが分かったという場合には、外科手術や抗がん剤の投与、そして放射線治療などの中から最も適した治療法を選択します。
特に選択されることが多いのが外科手術ですが、ガンが進行している場合には全身への転移が認められることもあり、この際には有効な治療法と言えなくなってしまいます。
抗がん剤には副作用を伴うリスクがありますし、放射線治療には多額の治療費がかかることが一般的ですから、様々な事情を考慮した上で買い主が決断を下しましょう。
万が一、ガンが末期症状になってしまっていたとしても、延命治療や痛みを緩和する治療に移ることはできますから、やはり病院で治療を受けることは必須です。

犬の癌に良いとされるサプリやフードを試すのも手かもしれませんね。
花びらたけ等は癌への免疫力アップに効果があるされています。

愛犬用花びらたけを見てみる

犬 サプリメント イペット /癌 ( がん ) 免疫力 腫瘍

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。