犬はテレビを見てる?犬の目から見える世界とは。

   2016/08/16

我が家はテレビの位置はやや低い目です。 犬の為という訳ではありませんが、ソファーで私の横にいる橋蔵は、一緒にテレビを見ていることがあります。
犬は見上げる事が苦手なので、犬の視線に合わせてテレビがあると良いようです。

とはいっても、犬は果たしてテレビを見ているのか?

35
テレビに動物が出てくると、うちの橋蔵は反応します。テレビの前に行って、唸ったり、時には立ち上がったりもします。

テレビという箱の中の仮想空間だという認識があるのか無いのか、でもテレビに移る映像に反応している事は確かです。映画等を見ていると、だまって見つめている時もあります。

犬に見える世界とは

16081201
我々人間の視覚は3色型色覚と言って、赤 (Red)、緑 (Green)、青 (Blue) の三つの原色を混ぜて幅広い色を目に映して(脳で認識)います。
犬は人間と違い2色型色覚となり、緑 (Green)、青 (Blue) の二つの原色を混ぜて再現出来る色が目に映ります。

16081202
上の画像はフォトショップで色補正で赤を除いた画像になります。大体ですがこんな感じで犬には見えているんです。

残念ですか? そうでも無いんです。一般的に人間は3色覚と言われていますが、中には4色覚の人もいるらしく、世界は我々が知っているよりもっとカラフルなんです。
つまり我々人間だって、生物学的に与えられた色しか見えていないということです。

テレビの映像はコマ送りに見える!? 犬の動体視力

犬の動体視力って凄いんです。ボール投げして遊ぶ時も反応が速いですよね。人間ならば、あそこまで俊敏に動くことは出来ません。
犬種にもよるでしょうが、我々人間の4倍の動体視力を持つ犬もいるそうです。

さて、日本のテレビは60Hz(リフレッシュシート)。1秒間に30フレームあります。(正確には29.97フレーム)
パラパラ漫画の様な作りですが、人間の視力ならば30フレームで十分なめらかに見えるという事なのです。

犬は動体視力が良いので、1秒間に30フレームだと、カクカクした映像に見えるようです。
犬が映像を滑らかに見るには75Hz以上が必要と言われています。

アメリカではDOGTVという犬専用チャンネルがあって、放送を受信出来るエリアは周波数も犬の動体視力に合ったリフレッシュシートで受信出来るようです。
日本でこれらの映像を見るには高周波のPCモニター等でみるしかないようです。


DOGTVサンプル映像

我が家の犬達がどんな反応を見せるのか見せてみたいですね。音域なども犬に合わせたものになっているそうです。

日本では、ひかりTVが2013年に有料放送を行いましたが1年でサービスを終了しました。
日本のテレビ環境では難しいんですね。

我々がテレビを見て、笑ったり泣いたり、感動を愛犬と分かち合えたらどんなにいいでしょうね。
人間の子供がアニメに夢中になるように、愛犬も映像を見て喜んでくれたらと思います。 
にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。