犬の入浴(シャンプー)、老犬を入浴させる際に心がけたいこと

   2019/05/25

犬の年齢とは無関係に、清潔を保つために入浴を継続させることは必要不可欠ですが、老犬を入浴させる際に特に注意すべきことはあるのでしょうか。
今までは楽しく入力したりシャンプー出来ていたワンコも老化とともに苦手になっていることもあります。
入浴の基本からシャンプーに至るまで、犬にダメージをかけることなくお風呂へ入れるためのコツを知り、入浴に対する理解を深めておきましょう。

老犬を入浴させる際に心がけたいこと

老犬をお湯に浸からせてはいけない

老犬の場合には、心肺機能が若い犬よりも衰えていますから、お湯に浸かると体に対して強い圧力がかかり、大きな負担を強いることになってしまいます
また、特に大型犬の場合には、お湯の中から犬を持ち上げて出すという作業にも力が必要になり、思わぬ事故や怪我を招くリスクが高まることも問題です。
急激な温度差による心臓発作などのトラブルを招かぬようにするためにも、老犬をお湯に浸からせて入浴させることは避けてください

したがって、老犬を入浴させる方法としてはシャワーを浴びせることを中心として考えましょう
入浴させる時間もなるべく短くし、少しでも負担を軽減させながら清潔にしてあげることが重要です。

お風呂に入れるタイミングとコツ

老犬をお風呂に入れるタイミングとして最も適切なのが、天気が良くて気温が温かく、風邪を引きにくい日になります。
お風呂から上がった瞬間に寒さを感じるのは人間も犬も同じことですから、特に冬場は湯冷めをしないように暖房を付けるなど防寒対策にも気を使いましょう。

お湯の温度としては、前述した通り熱すぎると強い負担をかけてしまいますが、反対に低すぎても夏場で火照った体に悪影響が及んでしまいます
犬を入浴させる前にシャワーの温度をしっかりと調節しておき、人肌程度の温さになっていることを確認してから体を洗ってあげるようにしましょう。

また、タオルなどを事前に準備しておき、お風呂を終えた後はすぐに体を拭けるようにしておくことも重要です。
市販されている動物用のバスマット等を利用することも効果的で、お風呂の近くに置いておけば足を滑らせて転んでしまうリスクを軽減でき、思わぬ怪我を予防できます。

AMAZONで犬用吸水タオルを見る

シャンプーの選び方と使い方

体を洗う際にはシャンプーが必要になりますが、ここではなるべく低刺激な弱酸性のシャンプーを使用することをおすすめします。
洗浄力の強さを宣伝文句にしているシャンプーの場合、成分が強力になりがちというデメリットを伴いますから、肌を荒らしてしまうリスクが生じます。
老犬用のシャンプーも販売されていますから、そういった商品を選べば余計なダメージを与えずに清潔にしてあげることが可能です。

シャンプーの使い方としては、いきなり全身に対して泡を付けて洗うのではなく、下半身から順番にシャンプーに慣らしていくように洗ってあげることがポイントです。
下半身を洗い終えたら上半身へ、というように少しずつ洗うことによって、お湯やシャンプーに驚かなくなりますし、心臓に負担をかけることなくシャンプーを進められます。
犬が持病を抱えている場合には、なるべくお湯を使ったシャンプーは行わず、柔らかいタオルやガーゼを使って軽く体を拭いてあげましょう。

AMAZONで犬用弱酸性シャンプーを見る

お風呂上がりの乾かし方の基本

お風呂を終えた後はドライヤーを使って乾かすことが基本ですが、年を取った犬はドライヤーを嫌がってしまうことがあります。
温風から逃げているにも関わらずしつこくドライヤーをかけ続けてしまうと、お風呂そのものが嫌いになってしまう恐れがあるため注意しなければなりません。
こういった場合には、柔らかいタオルを使って包み込むように体全体を拭いてあげて、乾くまでそのまま様子を見続けてあげてください。

体が濡れた状態では全身が冷えやすくなってしまいますから、ドライヤーを使用できない場合には室温を一定以上に保つことが重要です。
また、ドライヤーに抵抗を感じていない様子であったとしても、至近距離から風を向けるのではなく、勢いを感じない程度にまで離したところから送風して乾かしましょう。

AMAZONで犬用吸水タオルを見る

その他に飼い主が気を付けるべきこと

飼い主自らが注意しておかなければならないのは指先の状態で、爪はできる限り短くカットして、シャンプーの最中に犬の体を傷付けてしまわぬように注意してください。
シャンプーの最中には体が滑りやすいですし、犬が予想外の動きを見せることもありますから、爪で引っかいたり爪が目に中に入ったりしないように十分気を付けましょう。

お湯を使ったシャンプーを極端に嫌がる様子を見せた場合には、無理に入浴を継続させなくても構いません。
犬用のドライシャンプーなども販売されていますから、犬が気持ちよく入浴できる方法を考えて選ぶことを意識してください。
どうしてもシャンプーが上手くいかない場合には、そのまま放置するのではなく、獣医師に相談してシャンプーの方法を検討して体を清潔に保ってあげましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。