愛犬が迷子になったら!? まず飼い主がやるべきことは?

 

夏場は迷子犬が増える季節でもあります。
大切な愛犬がいなくなれば、居ても立っても居られないです。

そうならない事が大切ですが、もし愛犬が迷子になったらどうすべきか。
過去記事:夏は犬の迷子続出!愛犬が迷子になったその末路は?

愛犬が迷子になったら、その場を動かない


散歩中に愛犬が迷子になる事があります。リードが外れてしまった。買い物中に外に繋いでいたら首輪が外れてしまった。ノーリードでの散歩中等。
これらは飼い主の過失でしかありませんが、もしこうした事があった場合、あまり広範囲に動かない方が良いです。

リードや首輪が外れて自由の身となった犬は、気分が高まり走り出したり、散策を始めます。
少しすれば、飼い主がいないことに不安を覚え、最後に飼い主といた場所に戻る可能性が高いです。
それは30分だったり1時間だったり、飼い主にとっては、とても寂しく長い時間です。

犬と逸れた場所が交通量の多い場所でない場合は、その場で待ちましょう。
そしてスマホを取り出し、すべきことをしましょう。

家の庭から脱走したり、脱走元が家だった場合は、まず家の中を探しましょう。
どこかに隠れているかもしれません。
大きな声で名前を呼んで探す飼い主に対して怒られると思い、隠れているかもしれません。

音を出して探す


若い犬ならば聴力は人間の4倍と言われています。
そして高音域の音に対してより反応します。
私は散歩中に、カバンの中に噛むと音が出るボールを必ず入れています。
万が一の時は、ボールを鳴らして「ピーピー」と音を出します。
この音が聞こえれば愛犬は、遊んでもらえると思って喜んで戻ってくるかもしれません。

名前を呼んで探すことも大切ですが、日ごろ犬を叱る時に名前を言って叱っていると、こうした緊急時に名前を呼んでも怒られると思って逆効果になります。
日ごろから、愛犬の名前を呼ぶときは褒める時か、呼ぶときにしましょう。

音が出る玩具 噛むおもちゃ ボール
990円
商品の詳細を見る

保健所や警察、SNSの拡散等、スマホでできること


スマホの普及により、その場を動かずにできる手段がたくさんあります。
特にSNSでの拡散は、すぐに出来て有効な手段のひとつです。

1:SNSや迷子サイトへの投稿

まずTwitterや迷子犬サイトで情報提供を呼びかけましょう。
こうした時にSNSは有効なツールになりますので、できれば日ごろからTwitterを使い、フォロワー(近所の人や愛犬家等)を増やしておけば拡散力が高まります。

SNSではハッシュタグがあります。
下記のような内容で投稿しましょう

・犬の名前、特徴、年齢等
・犬の写真
・下記のハッシュタグを必ずつける
#迷い犬 #迷子犬 #拡散希望 #地名 #犬種

Twitter等でダイレクトメールの受信を許可に設定するのをお忘れずに。

SNS以外でも迷子犬掲示板なども多く存在します。
時間の許す限り、投稿し呼びかけましょう。

2:警察への連絡

第三者が、あなたの愛犬を保護してくれたなら、自宅に連れていくか、警察に届けるはずです。
警察へ届けられた犬は、拾得物として保健所に移送されますが、迷子直後ならば保健所よりもまず近くの交番や警察へ連絡をしましょう。

NAVITIME:全国の警察署/交番一覧

3:保健所等への連絡

次に保健所へ連絡します。保健所へ連絡しなければ、保護されても、あなたのもとへ戻ってくることはありません。
そればかりか、殺処分されてしまうことになりますので、必ず保健所へ届けましょう。
NAVITIME:全国の保健所一覧

いざと言う時に役立つツール


最近のペットショップ等で購入した犬は、大抵体にマイクロチップが埋め込まれています。
保護された犬は、マイクロチップの情報を基に飼い主に連絡が行くこともあります。
ですが、それはマイクロチップを読み込む設備のある保健所や、動物病院が保護した場合だけですので、他の対策も必要になります。

一番役立つのは、ネームプレート付きの首輪です。
犬の名前と、連絡先電話番号を刻印(印字)できます。
他の誰かが保護してくれた場合は、すぐに連絡が取れますので安心です。

首輪にGPSがついている商品などもありますが、現実的にはあまり役立たないようです。
bluetooth機能のものは、近くにいないと感知しないので、こちらも購入の際は注意が必要です。

おなまえ首輪 真鍮彫刻プレート付 本ヌメ革/本革
詳細を見る
ネームプレート付き首輪一覧

チラシを作る

迷子になって、その日に見つからない場合、チラシを作って公共施設やスーパーマーケット等に掲示してもらうのも有効です。
ご自身でプリンター等で作れない場合は、専門業者に相談しましょう。
迷子ペットネット等では、即日発送してくれます。他にも迷子チラシ作成業者は沢山ありますが、法外な価格の所もありますので注意してください。
迷子ペットネット

犬を探すのは孤独な作業

愛犬が迷子になったら、飼い主は孤独との闘いです。
友達や家族に連絡して手伝ってもらうのも良いでしょう。
大切なのは慌てないことです。冷静になって対処してください。
冷静でいれば、見落としていることが見つかるかもしれません。
迷子になったのは、あなたのせいではありません。自分を責めずに冷静に、です。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。