高齢の愛犬が散歩に行きたがらないときはどうすべきか

 

老犬が散歩に出掛けたがらない場合には、単なる気分の問題ではなく、病気など体の不調を抱えている可能性もあるため注意しなければなりません。
散歩に出掛けることを嫌がったときに買い主はどのように接し、散歩代わりにどういった行動を取るべきなのかを解説したいと思います。

高齢の愛犬が散歩に行きたがらないときはどうすべきかを解説

散歩を拒む理由を明確にする


老犬が散歩に出掛けたがらないというケースでは、体に何らかの不調や異変があり、体が言うことを聞かない状態にある可能性も考えなければなりません。
特に普段は喜んで散歩に出掛けるのに、ある日突然散歩を拒むようになったという場合には、何らかの病気や怪我などかもしれないことも視野に入れて対処してください。

少しずつ散歩への意欲を失うというのは、老犬になればごく普通のこととも言えます。
加齢によって間接に痛みが出る場合も多く、そうなってしまうと歩く度に痛みを感じるようになりますから、散歩をしたがらないというのは当然のことです。
その他、内臓系のトラブルを抱えている可能性もあるため、息苦しそうな仕草を頻繁に見せるという場合にも獣医への相談をおすすめします。

散歩に出たがらない理由が単純に老犬になったからなのか、それ以外で健康面のトラブルを発症しているのかという見極めを行い、散歩をバロメーターに使いながら健康状態を確認する癖を付けましょう。

室内で簡単な運動を行ってコンディションを維持させる


老犬が散歩に出たがらないという場合や、天候不良などの問題で散歩に連れていけない場合には、散歩の代わりになる運動を室内で行い、コンディションを維持させましょう。
平坦な室内や廊下を歩いているだけでは特に効果はありませんが、普通では歩きにくい状況を敢えて作ることでトレーニング代わりにすることもできます。
例えば柔らかい布団やベッドの上を歩かせると、脚が沈み込むため力を加えなければ前進することができなくなるため、結果として脚の筋力を強められます

人間で言うスクワットのような動きをさせることも、下半身の筋力をアップさせるためには非常に効果的です。
犬が好んでいるおやつを持ち、上げ下げを行うことで自然と立ったり座ったりという運動をさせられるので、とても有効なトレーニングになります。
おやつをあげる前の恒例行事として3~4回程度のスクワットをさせ、運動を習慣付けてもいいでしょう。

上半身のトレーニングを行う場合には、伏せとお座りを交互に繰り返す運動が効果的で、人間が腕立て伏せをするときと同じような効果に期待することができます。
リハビリ用としても販売されることがあるオモチャを使い、楽しみながらトレーニングを行うこともおすすめできます。
また、これらのトレーニングを終えた後には、必ず撫でて褒めたり、おやつをあげて悦ばせたりすることも忘れないようにしましょう。

より強力で実践向きのトレーニングをさせたいという場合には、突っ張り棒を立ててポールをくぐって走らせるという運動を室内で行うことも筋力アップに役立ちます。
ポールをくぐる動きをする際には首元を、立ち上がる動きをする際には下半身を鍛えられるので、上半身と下半身のトレーニングを遊びながら実行できる効率的な方法です。

簡単でおすすめなのは、バランスボール。
これは犬の介護施設などでも使用されている方法ですが、バランスボールの上に愛犬を立たせ、落ちないように両脇から支えてあげます。
この時、犬は四本脚をものすごく踏ん張るので体幹トレーニングに優れています。
AMAZONで犬用バランスボールを見る

散歩にマッサージやブラッシングも有効


散歩に出かけることが難しい場合には、マッサージやブラッシングをしてあげることも老犬のコンディションを整えるためには有効です。
マッサージやブラッシングを行うことによってリラックス効果を高めることができますから、犬のストレスを軽減させ、心理的な負担を無くすことができます。
心理的な問題で散歩を拒む場合もありますから、こういった対策を行うことによって散歩をする活力を取り戻させてあげることも不可能ではありません。

マッサージを行う際には、まずは頭からしっぽの方向に向かって優しく撫で、次に肩から前足の方向に向かって円を描くようにマッサージしていきます。
後ろ足も同じように腰の部分から優しくマッサージし、肉球の部分は指で挟み込むようにしながら凝りを解していってあげましょう。
顔をマッサージするときには、片手で耳を持ち上げるようにして顔を露出させた上で、おでこから鼻に向かって指先を撫でていってください。
5分程度で終わる簡単なマッサージですが、間接から内臓までしっかりと影響を与えられるマッサージなので、散歩を好む犬にも施してあげることもおすすめです。

ペット用のマッサージグッズとしてラバーブラシなども販売されていますから、こういった商品を活用しながらマッサージやブラッシングを行っても良いでしょう。
マッサージによって前身の血液を循環させられるようになりますから、健康を維持させやすくなることはもちろん、元気を取り戻してもらうための施術としても効果に期待できます。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。