犬を買う前に心得ておきたい「犬の十戒」

   2016/08/03

私は、子供の頃から家に犬がいて、主には母が面倒をみていました。タバサという名前でした。
やがて、私は家を出て一人暮らしを始め、その後タバサは天命を全うしました。

大分経った頃、私は犬を飼おうと思いました。犬を飼う前には心掛けなくてはならない事が沢山あると思い、色々と調べていた時に、「犬の十戒」を知りました。

そして犬を飼うという事は、ひとつの命を扱うという事、一番大切な事は「犬の十戒」だという事を知りました。

犬の十戒を読んだ時、私はタバサに何もしてやれなかった事に気が付きました。そして新しく相棒として迎える犬には、これを守ろうと固く心に刻んだのです。
いま我が家には3匹の相棒がいます。楽しい事ばかりではありません。そして、そんな時は「犬の十戒」を思い出し、彼らを撫でてやるのです。

犬の十戒’(いぬのじっかい、The Ten Commandments of Dog Ownership)は、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られているが、実際には原典があり、ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している「犬からご主人への11のお願い」が元である。 ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容である。

出典:Wikipedia

犬の十戒

第一戒

私の一生はだいたい10年から15年です。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しいのです。

第二戒

あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しいのです。

第三戒

私を信頼して欲しい、それが私にとってあなたと共に生活できる幸せなのですから。

第四戒

私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないのです。

第五戒

時々話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は十分私に届いています。

第六戒

あなたがどのように私を扱ったか、私はそれを決して忘れません。

第七戒

私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しいのです。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めているのです。

第八戒

私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか気づいて下さい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それとも、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれません。

第九戒

私が年を取っても、私の世話はして下さい。あなたもまた同じように年を取るのですから。

第十戒

最後のその時まで一緒に側にいて欲しいのです。このようなことは言わないで下さい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。あなたが側にいてくれるから最後の日も安らかに逝けるのですから。忘れないで下さい、私は生涯あなたを一番愛しているのです。

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

© wonbuddy, All rights reserved