散歩中に路上にあった毒物混入のソーセージを食べた犬死亡

 

16120302
11月18日、散歩中の飼い犬が路上に落ちていたウインナーソーセージを食べて死に、ソーセージから劇物のメソミル(農薬)が検出されたと発表した。

市は和歌山県警和歌山東署に通報するとともに、ペットの飼い主らに向けて注意を呼びかけている。

こうした悲しい事件は、報道されていないものでも沢山あります。
特にメソミルを使用した事件は猫や鳥等も被害になっているようです。
散歩中、躾だけでは安心できませんね。常に犬に注意を払って守ってあげたいですね。

メソミルとは

メソミルとは、農薬や殺虫剤に含まれる成分。
劇物取締法に指定されている劇薬とのことで、購入する際には身分証明証が必要となっています。

メソミルは青い粉末で、硫黄臭がするそうです。

もちろん人間にも有害です。メソミルを散布中の農家の方が亡くなったという事例もあります。

症状

軽 症:頭痛、眩暈、悪心、嘔吐、多量の発汗、縮瞳、流涎。
中等症:縮瞳の亢進、失禁、筋線維性痙攣、歩行困難、言語障害。
重 症:意識混濁、対光反射消失、全身痙攣。
出典:医薬品情報21

にほんブログ村 犬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。